avatar

投稿サムネイル

各マンガ媒体の傾向分析①


こんにちは、イドガネです。
ネーム提出してから授業まで時間があるので、今後の参考に色々マンガな雑誌の作品傾向を調べてみました。
また、公式キャッチコピーがある場合はそれも併記しています。

今回は講談社、集英社、小学館、秋田書店のいわゆる「週刊少年誌」を出している出版社に絞ってます。
本当にざっくりメモ程度で調べたものなので、意見があればコメントで教えてください!

まずは、各社のメインとなる週刊少年誌を並べてみます。

週刊少年マガジン
 キャッチコピー:少年の心を持ったすべての人に最強メガ少年誌
 作品:ブルーロック、生徒会にも穴はある、シャングリラフロンティア
週刊少年ジャンプ
 キャッチコピー:なし
 作品:呪術廻戦、アンデッドアンラック
少年サンデー
 キャッチコピー:天下無敵のおもしろさ!ミスター「少年まんが誌」
 作品:葬送のフリーレン、古見さんはコミュ病です
週刊少年チャンピオン
 キャッチコピー:なし
 作品:魔入りました!入間くん、弱虫ペダル、SHY

キャッチコピーがあるのはマガジンとサンデーの二つで、マガジンは「少年の心を持ったすべての人」とある通り、大人も想定客層としているのか?
少年サンデー「ミスター少年まんが誌」とある通り、あくまで対象は少年?
ジャンプとチャンピオンは明確なキャッチコピーはなし。
ジャンプはやはりバトルマンガが人気で、チャンピオンはスポーツマンガやラブコメが多い?

以下、各出版社のその他漫画雑誌について

【講談社】

少年向け
 別冊少年マガジン
  キャッチコピー:新しい冒険がつまったファンタジー系少年誌
  作品:アルスラーン戦記、トモダチゲーム、進撃の巨人
   ダークファンタジーに強いらしい
 月刊少年マガジン
  キャッチコピー:月刊マンガ雑誌トップを走る少年コミック誌
  作品:フェルマーの料理、ボールルームへようこそ
   少年少女の切磋琢磨を描いた漫画が多いイメージ
   月マガ基地というweb媒体も持っている
 月刊少年シリウス
  キャッチコピー:SFからラノベまで。新世代少年コミック誌
  作品:転生したらスライムだった件
   転生系が多い(転スラスピンオフだけで4作ある)

青年向け
 ヤングマガジン
  キャッチコピー:創刊35年を超える定番青年コミック誌
  作品:パリピ孔明、アンダーニンジャ、マイホームヒーロー
   「定番青年コミック」というだけあってエロや人間ドラマなど少年向けではない
   かといってモーニングほど社会人向けではない、中間にある感じ。
 月刊ヤングマガジン
  キャッチコピー:青年誌の枠を超える極上コミック誌
  作品:亜童
   連載漫画が多くないので、各連載のページ数が多い?
 モーニング
  キャッチコピー:男女が楽しめて知識もつく青年コミック誌
  作品:島耕作シリーズ、宇宙兄弟、きのう何食べた?
   ビジネスや社会問題にまつわる作品が多い
   (スポーツマンガでもビジネス視点を絡める)
 モーニング・ツー
  キャッチコピー:読み応えあるマンガ満載の新感覚コミック誌
  作品:聖☆おにいさん、とんがり帽子のアトリエ
   モーニングの増刊?モーニングでは扱いが難しい漫画が来てる?
 アフタヌーン
  キャッチコピー:色々なジャンルに挑戦していくコミック誌
  作品:青野君に触りたいから死にたい、ヒストリエ、宝石の国
   ファンタジーも歴史ものも学園ものも仕事ものもある、説明が難しい
 good!アフタヌーン
  キャッチコピー:読み応えあるマンガ満載の新感覚コミック誌
  作品:ぐらんぶる、空挺ドラゴンズ
   こちらも説明が難しい、アフタヌーンの増刊?

【集英社】

少年向け
 ジャンプSQ.
  キャッチコピー:なし
  作品:ギャグマンガ日和、新テニスの王子様、青の祓魔師
   バトルマンガが多いという点ではジャンプと似てる
   ジャンプより年齢層は上?

青年向け
 週刊ヤングジャンプ
  キャッチコピー:なし
  作品:ウマ娘シンデレラグレイ、推しの子、キングダム
   バトルマンガもあるが、人間ドラマ(?)に重心が置かれているイメージ
 グランドジャンプ
  キャッチコピー:ブレないオトナの青年漫画誌
  作品:ドラフトキング、カモのネギには毒がある
   青年誌の中でもより大人向け?
   別冊として、女性向けの「めちゃ」、男性向け(?)の「むちゃ」がある
 ウルトラジャンプ
  キャッチコピー:なし
  作品:ジョジョシリーズ、ブラックナイトパレード
   イメージとしてはヤングジャンプの増刊?バトルマンガより人間関係漫画が多い。

【小学館】

少年向け
 ゲッサン
  キャッチコピー:きみの心に刺さる一作が、必ず見つかる!
  作品:アオイホノオ、これ描いて死ね、大ダーク
   ほかの雑誌のより「マンガ」や「絵」そのものに言及した作品が多いイメージ
 サンデーGX
  キャッチコピー:タフなヒロイン至上主義! 新世代青年漫画誌
  作品:ブラックラグーン、薬屋のひとりごと、ゾン100
   キャッチコピーの通り、タフな女性主人公・ヒロインが多く登場する作品が多い

青年向け
 スピリッツ
  キャッチコピー:心が動く!明日を生きる力になる!!エンタメ追求誌!!
  作品:アオアシ、あさドラ!、お別れホスピタル
   キャッチコピー通り、リアルよりな世界を舞台に頑張る人々を描くマンガが多い
 月刊スピリッツ
  キャッチコピー:コミック界の最前線を突っ走る全方向エンタメ月刊コミック誌!
  作品:映像研には手を出すな!
   全方向という言葉の通り、SF、ラブコメ、ファンタジーなど
   様々な種類のマンガがある
   ちなみにひら☆マン一期の草原うみさんが連載中!!!
 スペリオール
  キャッチコピー:価値観ゆさぶるオモシロさ!青年漫画誌のフロントランナー!
  作品:ラーメン再遊記、トリリオンゲーム、血の轍
   価値観ゆさぶるとある通り、社会での生き残り方や私小説的な作品が多い?
   うまく言語化できない
 ビッグコミックオリジナル
  キャッチコピー:心の一番深いところで感動させる№1青年コミック誌
  作品:黄昏流星群、深夜食堂、セシルの女王
   人情ものが多いが、歴史ものも最近扱い始めた?
 ビッグコミック
  キャッチコピー:伝統と革新の、業界№1青年漫画誌!!
  作品:ゴルゴ13、正直不動産、ブルージャイアント
   伝統という通り長期連載のものもあるが、
   ブルージャイアントのような近年ヒットしたものもある
   共通点は何だろう?

【秋田書店】

少年向け
 月刊少年チャンピオン
  キャッチコピー:なし
  作品:バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ
   週刊誌のスピンオフのほか、転生物も扱っている。  
 別冊少年チャンピオン
  キャッチコピー:なし
  作品:弱虫ペダル SPARE BIKE、マウントセレブ金田さん
   週刊のスピンオフが主だが、ネット出身の作家の連載もある
   月間との違いがよくわからない
 チャンピオンBUZZ
  キャッチコピー:なし
   転生物が中心?掲載漫画は多くない。
   ホロライブのマンガも掲載している
   雑誌名の通り、バズるマンガを扱ってる?

青年向け
 ヤングチャンピオン
  キャッチコピー:なし
  警察、ヤクザ、反グレが主人公の漫画が多い
   グラビアに力を入れているのも特徴?(付録にDVDがついてる)
 別冊ヤングチャンピオン
  キャッチコピー:なし
   名前の通りヤングチャンピオンの別冊という感じ
   こちらもグラビアに力を入れている
 ヤングチャンピオン烈
  キャッチコピー:なし
  作品:性食鬼、チチチチ
   エロコメ、エロバトル(?)漫画が多い
   こちらもグラビアが多い
 チャンピオンRED
  キャッチコピー:なし
  作品:不安の種*、絢爛たるグランドセーヌ
   秋田書店の青年向け誌では一番バラエティに富んでる
   異世界ものやバレエ、ホラー短編やデスゲームものもある
   他と比べれば暴力表現は薄め?

以上取り急ぎ書いてみました。
また時間ができたら、その他雑誌やweb媒体についても書いていきたいと思います。

それでは!

前の記事へ
avatar
次の記事へ
Pin

そのほかの記事

投稿サムネイル

マンガ未経験者がひらめき☆マンガ教室に参加することについて【準備編】

その他

投稿サムネイル

マンガ未経験者がひらめき☆マンガ教室に参加することについて【心構え編】

その他