前の作品へ
次の作品へ

ファラオ・アン・デッド

太田ユータロー

エジプト

ファンタジー

太田ユータロー
ファラオ・アン・デッド

自分が描きたい物を考えた時、真っ先に思いつくのはいつも少年漫画、いつも読んでいた漫画とも言えますが、ともかくそういうものです。
僕が少年漫画を読んでいる時に感じているのは、明るくて、ワクワクして、ちょっぴり豆知識が得られる、そういう漫画です。

今回のネームですが、古代のファラオが復活するって面白いかな、というところから始め、なぜミイラが動くのか、動く動機は何になるか、という設定を付け足して作成しました。
話の立て付けとしては「ファラオのミイラが転生の為に必要な臓器を奪われ、取り返す話」ですが、それを16ページに収めるのは困難だったので、「ファラオのミイラが墓を脱出する話」としました。
完成後に「墓荒らしをファラオが撃退する話」でも良いかなと思いましたが、ミイラが現代社会の中に紛れることになるイメージがある方がワクワクすると思いましたので、こちらで良いと思っています。

アイデア出し段階ではもっと説明パートが長々とした漫画でしたので、ストーリーラインの中で説明が乗せられる(アクションが入るパートで説明のための「ナゼ?」が入れられる)ようにしました。

よろしくお願いします。