avatar

投稿サムネイル

まもなく第7期の受講生募集開始! 豪華ゲスト講師陣と充実のカリキュラム!


ゲンロン ひらめき☆マンガ教室(以下、ひらめき☆マンガ教室)は、株式会社ゲンロンが2017年から通年で開講しているマンガ家育成スクール。 その第7期が、2024年4月から2025年3月まで開講となります。

 

1月15日(月)より第7期の受講生募集を開始します。受講コースやスケジュールなどについては、ひらめき☆マンガ教室の公式サイトひらめき☆マンガ+、ゲンロンスクールのSNSなどで随時詳細をお知らせしていきます。

 

本記事では、第7期のゲスト講師を発表! 第7期では代表作『医龍-Team Medical Dragon-』(原案/永井明)、『夏目アラタの結婚』で知られる乃木坂太郎先生のご登壇が決定しました! さらに、マンガの読み方や評し方を考えるワークショップでは、マンガ評論の第一人者である夏目房之介先生にご登壇いただきます。

 

また前期から継続して伊藤剛、師走の翁、武富健治、鶴谷香央理、ばったん、水上悟志、米代恭ら各先生方がご登壇。さらに第7期では編集者の山本侑里さん(秋田書店)、千代田修平さん(小学館)がご登壇し、プロマンガ家と仕事をする編集者の立場から指導を行います。最終講評会では審査員としてコラムニストのブルボン小林さん、編集者の神成明音さん(シュークリーム)にもご登壇いただく予定です。

 

さらに、マンガ界の「センパイ」として受講生を手厚くサポートする大井昌和先生による「商業マンガの企画の立て方」を学ぶワークショップの回や、クリップスタジオなどの制作ツールの使い方を学ぶ回、生成AIやWebtoonなどマンガ業界の最前線を掘り下げる回、またチームに分かれ合同誌を作って即売会に参加するという課題など、充実のカリキュラムをご用意しています。

 

ひらめき☆マンガ教室は、一般的なマンガ教室や教本と違い、単に作画技術や創作術を指導するだけではありません。主任講師のさやわか先生による「ひらめき」メソッドで、活動方針の決め方や目標に対してどう進めばいいかなど、マンガ家として必要な自己プロデュース力を教えていきます。

 

卒業生の皆さんの目覚ましい活躍!

 

ひらめき☆マンガ教室では「講座を受講するまでマンガを描いたことがなかった」という初心者の方も少なくありません。しかし、作画技術や創作術にとどまらない「マンガ家になる!」ための超実践的なカリキュラムによって、商業誌デビューやマンガ賞の受賞者などを続々と輩出し、近年では業界からもおおいに注目を集めています。

 

最近では、第5期のかわじろうさんが、第93回小学館新人コミック大賞の青年部門で大賞を受賞しました。さらに、「少年ジャンプ+」で原作を担当する『マリッジトキシン』(作画:依田瑞稀)を連載中の静脈さん、「週刊少年サンデー」で『君と悪いことがしたい』を連載中の由田果さんなど、卒業生の皆さんのめざましい活躍が続いています。

 

『【推しの子】』横槍メンゴ先生など豪華マンガ家による講義録!

 

そんな、ひらめき☆マンガ教室が気になる方に向けて、第1期の講義録『マンガ家になる!』が単行本として刊行されています。

 

マンガ家になる!』(ゲンロン)

 

【推しの子】』の横槍メンゴ先生、『この世界の片隅に』のこうの史代先生、『違国日記』のヤマシタトモコ先生など豪華マンガ家による講義録をはじめ、ひらめき☆マンガ教室の特色を深く知ることができる内容になっています。

 

第7期の受講生募集の受付開始はまもなく! 続報をお待ちください!

前の記事へ
avatar
次の記事へ
Pin

そのほかの記事

投稿サムネイル

卒業生・のり漫さんの作品がWalkerplusで紹介されました!!

お知らせ

投稿サムネイル

【作品掲載】卒業生・かわじろうさんの新作短編が公開されました!

お知らせ

投稿サムネイル

【授業レポ】ゲスト講師は師走の翁先生。過去最長を更新する激アツな授業に!!

感想 レポート

投稿サムネイル

入場無料! 8/10(土)オープンキャンパス開催!

運営からお知らせ