avatar

投稿サムネイル

ひらめき☆マンガ教室 初日ガイダンス


こんにちは、6期聴講生のyomです。

 

ITに弱くて、新サイトの機能に振り回されながら慣れようと四苦八苦しているところです。

人に聞こうにも何がわからないのかも手探り状態。

そんな状態なので、最初の投稿は自分のnote記事をこちらに持ってくることにしました。

ひらめき☆マンガ教室初日ガイダンスの記録です。

 

初日ガイダンス

第6期の聴講生に申し込み、イントロダクションと第1回の講義を受講してきました。
授業料決済するのに3日くらい迷った末に決断しましたが、受講してよかったです。

 

会場は五反田にあるゲンロンカフェ。
早めに行って一番後ろの列の席に座った。(落ち着きがないので後ろに人がいると迷惑をかける気がする)
人がどんどん増えてきて、もしかしてこの会場密になるのかな? とか思った。実際授業が始まったらほぼ満席状態だった。

 

まずはガイダンス。
受講規定にあったことの確認や基本的な説明が多かった気がする。

 

ひらめき☆マンガ教室は、モノ作りのセオリー、最大公約数を教えるところ。技術ではなく考え方を学ぶ。

 
マンガは読み物であり、メッセージ。人に何かを伝える言語、コミュニケーションツール。

 
マンガの能力を身に着けて表現手段にする。(文法、コマ割り、構図、リズムなど)

 

1.意地でも完成させる
2.何度もやる。何度も失敗する
3.積極的に行動する

4.理由を説明できるようにする 表現には必ず意味がある
5.ゴールから逆に考える
6.他人の表現を観察し採り入れる
7.思い込まない
 かもしれない運転 早目早目にアウトプット、人に聞く

 

間違えながら覚えるのが大事
     ↓
覚えたことを次に生かす
     ↓
下手でも間違えても最後までやる

完成させることを優先する

 

マンガの感想を書くのも表現行為
「相手がいること」を理解して書く

 

ノートに書いたことをまとめるとだいたいこんな感じ。

 

その後休憩を挟んで受講生の自己紹介タイム。制作コース60秒、聴講コース30秒以内で簡単な自己紹介を話してもらうと事前に通知されていた。
そこで私はひらめき☆マンガ教室の凄まじさを知ることになる。

  

前の記事へ
avatar
次の記事へ
Pin

そのほかの記事

投稿サムネイル

【WS】ヤマシタトモコ『違国日記』11巻(最終巻)感想

感想 レポート

投稿サムネイル

ひらめき☆マンガレポ 【椎名うみ先生】

感想 レポート