前の作品へ
次の作品へ

最期の火花

どんどこすすむ

どんどこすすむ

ネーム

老人

どんどこすすむ
最期の火花

「自分が強く欲望する何か」をアピール文に書くのが既に恥ずかしすぎるのですが、心を無にして書きます。

よくよく考えましたところ、以下の2つのキーワードが出てきました。

  • 素敵な女性と触れ合いたい(性欲)
  • 人から容認されたい(承認欲)

2つとも「死に際になっても途絶えることのない欲望」なのではと思ったのと、前回の師走の翁先生の講義で「創作は思考実験だ」という事をおっしゃってたので、人生を終わろうとしている老人を主人公にして、私の欲望を語らせようと試みました。

全体的にコメディテイストなんですが、そこは照れもあったりして、さらけ出してない感は自分でもしています。

自分が気になっている点は、最後の「ぺろん」と女性の下着と肌がチラ見するシーンです。漫画としてインパクトが弱いかなと思う反面、あれぐらいのラッキースケベの方がリアルでは、とも思ったり。

ご感想、気になる点、わかりにくかった点など、フィードバックいただけると幸いです。