前の作品へ
次の作品へ

2人の戦場写真家

さとり

制作コース

肉体的接触

さとり
2人の戦場写真家

あと6p欲しかったです!

想定媒体:ちゃお

ちゃお読者の関心は現在の身の回りの人間関係、ということは理解してるのですが、ちゃお読者が中学生〜高校生になって近代史を学習する際、「昔こんな漫画あったなぁ」と思い返してもらえるような漫画になったらな、と思いました。

【着想について】

初め、「肉体的接触」と聞いて、「肌のふれあい」「手を繋ぐ」「ハグ」等、頭で考えていたのですが「頭で考えたなぁ」という話しか思いつかなくて悩んでいたところ、

ツイッターで絵本作家の方が上げていたカラースケッチの雰囲気が良くて、「夜空、柵越しに触れ合う2人を引きで見た図」が思い浮かび

そこがクライマックスになるように話を考えました。

今後話が思い浮かばない時、図書館で画集や写真集を眺めてみるといいかも!と学びました。

テーマは、反戦と友情です。距離があっても、その場にいる人の生活を知り自分と同じ人間であることを意識できれば

世界は平和になるのでは、と思っているので・・・・

本当は、過去の話でなく現代の話にしたかったのですがこんなザルい柵は現代にないなと思い、三十年前のインド・パキスタン紛争あたりをモチーフにしています。

が、詳しくないので軍事オタクの人からみると違和感があるかもしれません・・・

16p縛りだと、タイタニック(男女が出会って別れるまで)をやるのは短い!!と苦しみながら書いたのですが

もしかして16p縛りって第一課題のみでしょうか・・・・もしそうなら完成稿で増やしたいのは、中盤の2人の交流パートです・・・・・

ひらマン第一回の講義録で、師走の翁先生が「最後までめくらせたら勝ち」と言っていたので今回は各ページの引きを意識しました。

また、こうの史代さんの「夕凪の街 桜の国」を参考に縦のコマ使いにも挑戦しました。

1990年台にインドのお金持ちが持っていても違和感のないカメラの機種がお分かりの方がいれば教えてください・・・

【自分の強み】

・途上国で一年現地の人と同じ生活をした経験があるため、異文化への理解がある

・広告企画の業務経験により、企画100本ノックみたいなことができる

・広告経験により、色々な会社のことをうっすら知っている

・アクティビティへの行動力がある

・社会問題への関心がある

・締切を順守できる