前の作品へ
次の作品へ

赤い実

星澤みと

星澤みと
赤い実

◯課題について
共感性の高い、触覚がテーマの課題でした。
触れる対象が、どんな質感を持っているのか。
温かいのか、冷たいのか?湿っているのか、乾いているのか?硬い?柔らかい?…
私は、豊かな質感を持つ対象として、兎を選びました。触れたい欲求を増幅するために、触れられない時間を長く描きました。
触れた瞬間のもふもふした質感は示しつつも、その体温については、ストーリー上で語りきらないことで、想像の余地を設けました。
◯工夫したところ
語りはほぼすべてがモノローグなので、間延びしないように、吹き出しの種類を変えるなど、バリエーションを持たせました。

◯自分の強み(質問の答え)
・美術制作や鑑賞で鍛えたデッサン力
・平面作品の実作を通して培った、線の表現力