前の作品へ
次の作品へ

がんばれホタテちゃん

新川帆立

エッセイマンガ

がんばれホタテちゃん

ネーム

制作コース

新川帆立

自己紹介

新川帆立
がんばれホタテちゃん

普段は小説家として、ミステリーやSF、お仕事もの、恋愛もの等の小説を書いています。隔週でウェブエッセイを連載しており、エッセイ本も出版しています。

中学の美術の授業以来、絵やイラストを描いたことがありません。マンガを描くのも今回が初めてです。そのため、「ほぼゼロに近い画力で、どのようにマンガを成立させるか」、すなわち、「どのようなマンガであれば完成形として提示できるか」を考えながらつくりました。

幸い、今回は「自己紹介」というテーマなので、複雑な絵が必須とならない「エッセイマンガ」形式を選択しました。

現段階では人間を描くことができないので、「ちいかわ」的な生き物キャラクターが中心となる絵柄にしました。

いきなり上限枚数の16枚に挑戦すると、〆切までに完成させられない可能性があるので、今回は「8枚」のマンガにしました。

そのうえで、「自己紹介」という課題の解釈ですが、実際に経験したことをもとに、そのときの心の動きを表現することで、作者の人となりが伝わるマンガを制作する必要があると思いました。ただ、人となりが伝わればそれでよしというわけではなく、「作者を好きになってもらう、ファンになってもらう、応援団を増やす」ことまでできればベストだと思いました。

そこで、今回のマンガ制作の目的を、「小説家のSNSアカウント(X、Instagram等)に掲載して、ブランディングとプロモーションに使うマンガを制作すること」としました。以下の2パターンの読者を想定しています。

想定読者①:すでに小説家としての私を知っているSNSフォロワー

……私自身のキャラクターや考えをより深く知ってもらい、親近感を抱いてもらって、作家自身につくコアファンになってもらいたい(ブランディング)

想定読者②:SNS上でマンガが拡散された結果、私を知った人

……「面白い人だな、この人の作品を読んでみようかな」と思ってもらい、私の小説に手を伸ばしてもらいたい(プロモーション)

マンガを読んだ人に、私の応援団になってもらうことが目的なので、私を一番応援してくれている夫を登場させたうえで、夫不在の一週間に右往左往する私の姿を描くことで、読み手は自然と私を応援したくなる(はず)と考え、「夫出張中の一週間」をエピソードとして採用しました。

作家性・商品性としては、「明るい永田カビ(さくらももこ風味)」のラインを(できているかはさておき)狙っています。コマ割りや文字の入れ方、絵の配置などは、永田カビ、さくらももこ両氏の作品を参考にしました。

エッセイマンガの場合、テキストが多めになり、印字テキストと手書きテキストのバランスや位置で作品のリズムが変わると思ったので、今回はネーム提出の段階で、印字テキスト/手書きテキストは明確に使い分けています。

<講義で知りたいこと>

①すべてが初めてなので、何がどこまでできていて、何ができていないか、何一つ分からないです。「ここがおかしい」「こうしたほうがいい」という点があったら、何でも指摘してほしいです。

②画力がないので、今回提出したネーム以上のペン入れができるか分からないです(これ以上何をしていいのか分からない)。「ペン入れのときに、これをしたほうがいい」という点があったら教えてほしいです。

③コマ内の文字がどの順序で読まれるのか、分からなくて困りました。法則があるなら教えてほしいです。

④「線の太さを一定にしろ」という話を事前に聞いたので、気合いでなるべく同じ太さになるよう心がけたのですが、気合い以外の方法でコツなどありましたら、教えてほしいです。