avatar

投稿サムネイル

【投稿コース】第6期 投稿コース講評:『夜のペインター』【3月分】


ひらめき☆マンガ教室第6期から新設された投稿コースでは、月に一度、ひらめき☆マンガ+内に投稿したマンガの中から自由にひとつの作品をえらんで講評を受けることができ、内容はひらめき☆マンガ+で公開されます。

 

第6期、3月分の講評には全3作品の申込みがありました。

本記事では、シバさんの『夜のペインター』の講評をお伝えいたします。

 

1.『夜のペインター』シバさん
講評:大井昌和先生

 

受講生アピール文

描いた内容に合った媒体として、趣味のイラスト・漫画サークルの同人誌を選びましたが
合っていますでしょうか。

 

寝る前にちょっと眺めて没入できるような幻想的な話にしたかったため、主人公が眠るまでのシーン(3ページ6コマ目)や漫画の幻想的な部分(4ページ 下の大コマ)がまだ足りておらず、ページを増やす必要があると考えています。

 

また、主人公が何も行動していないので漫画とは言いにくいかなと思います。

 

一度ひらめき⭐︎マンガ教室を受講したのに「〇〇もの」…として読めるいう漫画になっていないのは申し訳ないのですが、今の自分で描ける限界がこれでしたので、提出します。

 

講師講評(大井昌和先生)

媒体の選び方としては問題ないと思います。

 
趣味性の高い作品ですのでそのようなジャンルの媒体に乗っけるのであればこのような内容が結構届くはずです。

 

主人公があまり行動を起こさないと言うことを気にされているようですがそこは特に問題ないと思います 受け身の主人公と言うままあることですからそういうキャラクターのことを巻き込まれ方主人公ともいます。

 
問題なのは絵描きと主人公の男の子が出会ったときに何も絵描きの人がリアクションを示せないことです。

 
この漫画において1番大きく話が動く少年と絵描きの出会いがノーリアクションで進んでしまうことがこの漫画の読みや味を失わさしている結果だと思います。

 
また〇〇もと言うジャンルになっていないと言うのは全く問題がなくむしろ〇〇者と言うジャンルを自分で作る位の気力で書き続けていただけるとうれしいです。

講師講評ここまで

 

以上になります。

シバさん、講評にお申込みいただきありがとうございました!

おわり

 

前の記事へ
avatar
次の記事へ
Pin

そのほかの記事

投稿サムネイル

【授業レポ】ゲスト講師は武富健治先生。超・実践的なネーム&完成稿講評!!

運営からお知らせ

投稿サムネイル

【W受賞】卒業生・nonakaさん&たにかわつかささんがマンガ賞受賞!

運営からお知らせ

投稿サムネイル

【投稿コース】第6期 投稿コース講評:『オレのタルパ』【3月分】

運営からお知らせ

投稿サムネイル

【投稿コース】第6期 投稿コース講評:『若きアフロの障壁』【3月分】

運営からお知らせ