avatar

投稿サムネイル

【投稿コース】第6期 投稿コース講評:『「おかしな姉妹」』【11月分】


ひらめき☆マンガ教室第6期から新設された投稿コースでは、月に一度、ひらめき☆マンガ+内に投稿したマンガの中から自由にひとつの作品をえらんで講評を受けることができ、内容はひらめき☆マンガ+で公開されます。

 

現在、オンラインで講評を受けることのできる「投稿コース」を含め、ひらめき☆マンガ教室第7期の受講生を募集中です。

ぜひお申し込みください!

詳細:https://hirameki.genron.co.jp/creators-wanted/
申込:https://genron.co.jp/shop/products/detail/829

 

第6期、11月分の講評には全5作品の申込みがありました。本記事では、はとむぎさんの『「おかしな姉妹」』の講評をお伝えいたします。

 

3.『「おかしな姉妹」』はとむぎさん
講評:大井昌和先生

 

受講生アピール文

投稿コースのはとむぎです。よろしくお願いします。

 

以前に描いたネームをペン入れしました。人生初のペン入れで右往左往しましたが、なんとか完成しました。とても嬉しいです。いったい何から始めたら良いのか分からず、決める事も多く感じて取りかかるのに勇気が要りました。

 

今後ペン入れの時にどんな事を気をつけるとより良くなるか、また私のなにか伸ばしたら良さそうなところを教えていただけると嬉しいです。

 
よろしくお願いいたします。

 

参考図書

「ザ・キンクス」榎本俊二
「ちいちゃんのおしながき」大井昌和

 

講師講評(大井昌和先生

講評コースにご投稿ありがとうございました〜
今回は前に拝見させていただいたもののペン入れしたものですね!

 

まず最初の印象は、見やすい画面をしっかりやろうとされてて素晴らしいと思いました。
まだ人物の形など辿々しさはあるものの、この辺りは訓練を積むことで自動的に解消されていくところだと思います。

 
シチュエーション話なので背景も入れようというのも正しい表現の方向だと思います。

 

ただこれは話全体が身の回りの話なので地味さは仕方ないのですが、それでも何か画面に見栄えを作るところまで考えてもいいと思います。

 
前述した読みやすさを武器に見栄えを作れればよりいいものになるかと思います。例えば4pの妹がえびせんを語る大ゴマは、バックにえびせんと持つ指をクローズアップし集中線を入れたりするだけでどうでもいいシーンが意味ありげに見えるようになると思います。

 

このようなことがいろんなシーンでまだまだ可能だと思いますので、ぜひ頑張ってみてください!

講師講評ここまで

 

以上になります。

はとむぎさん、講評にお申込みいただきありがとうございました!

 

————————

ゲンロン ひらめき☆マンガ教室 第7期(2024年4月〜2025年3月まで)の受講生を募集中!第7期の詳細、お申込みは下記ページをご覧ください。

 

詳細:https://hirameki.genron.co.jp/creators-wanted/
申込:https://genron.co.jp/shop/products/detail/829

 

お申込みは先着順です。定員に達し次第、募集受付は終了いたします。

 

おわり

前の記事へ
avatar
次の記事へ
Pin

そのほかの記事

投稿サムネイル

【投稿コース】第6期 投稿コース講評:『続・プータロー日記』【12月分】

運営からお知らせ

投稿サムネイル

ひらめき☆マンガ+って、どんなとこ?

運営からお知らせ

投稿サムネイル

【投稿コース】第6期 投稿コース講評:『正月のいとこたち(ネーム)』【12月分】

運営からお知らせ

投稿サムネイル

募集締切が迫る! 第7期 無料説明会を開催!

運営からお知らせ